赤ちゃんの英語教材の特徴

赤ちゃんのための英語教材は小学生や中学生の教材と違うのでしょうか。
その答えはイエスだ。
それは赤ちゃんがどうして言葉を習得しているかを理解すれば極めるでしょう。
われわれが中学校で学んでいる英語は先生が日本語で説明していらっしゃる。
つまり、耳からの英語ではなく頭で考えている英語だ。
それでは、日本語はどうして習得しているのでしょうか。
争点は字を書くことと話すことはまったく違うと言うことだ。
お母さんと話すため赤ちゃんは自然と言葉を覚えるようになります。
生まれてから誰ともしゃべらないなら、いつまでも言葉を覚えることはないでしょう。
こういう過程は英語も日本語も同じです。
周りにはたくさんの日本語があふれていますから、何もせずに日本語を聞き取れるようになるのです。
そこでおすすめの教材は英語番組のDVDだ。
何もせずにDVDを再生しておけばいいでしょう。
赤ちゃんに無理に見せようとするのではなく、テレビの前で遊んでいる状況でDVDを再生します。
それを続けていると、赤ちゃんは自然とテレビに視線が赴き、そこで流れていらっしゃる言葉を理解するようになります。
われわれが日本語を習得する感じ状況です。
重要なことはお母さんが途中で割り込まないことです。
もちろん、お母さんがお呼びをすることが悪いのではなく、日本語で普通に話して下さい。
テレビは英語、お母さんは日本語だ。
これを区別しておくことで、赤ちゃんは二つの言語を聞けるようになります。
日本語の番組を見せてはいけないと勘違いしないで下さい。
特定のキャラクターが出てくる番組は英語だけが流れるようにしておけばいいでしょう。
NHKのセサミストリートがおすすめの教材と言えるでしょう。
わたしたちは学校で英語を学びますが、大人になって大いに役に立っていないと思っている人が大半ですが、それは英語を聞き分けることができないからです。
しかし、英語の文章なら書くことができます。
赤ちゃんが英語教材として英語を習得できたとしても、書くことはできません。
英語を書くことと話すことはまるっきり別のことです。
われわれも日本語を書くためには学校で文字を習う必要があります。
あなたの赤ちゃんにも英語を学ばせてはどうでしょうか。引用